M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その12



麻縄の匂いと肌を這うザラザラとした感触に、ゆいの体はもう反応している。
四つん這いの状態から、正座して両手を後ろに組むように僕は命令した。

「両手を後ろに回して」

僕はそう言ってから、ゆいのブラジャーをグイッと引き下げた。

「そうだ、そのままだ」

ゆいのまだ幼いおっぱいと、小さな乳首が露わになった。
ゆいが、恥ずかしそうにうつむく。

乳首を軽くつまんでみると、小さな吐息が漏れる。

「う…」

だが、後ろに回した手は、そのまま動かしてはいけない。
僕の命令には、ちゃんと従う子だ。