M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その14



ゆいはじっと乳首の痛みに耐えている。
「麻縄を落とすなよ」

「はひ…」

僕の命令にボールギャグをかまされた口で、返事をした。
麻縄が少しずつ肩からズリッと落ち始めていく。

「あう…」

乳首をつまんでいるクリップを、僕は指でピンとはじくと、ゆいは敏感に反応する。

「ほら、麻縄が落ちそうになっているぞ」

「う…あ…あ」

言葉になっていない。

それでも、後ろに回した手は決して動かさない。
僕の命令は、彼女にとっては絶対なのだから。



よだれが垂れ始めてきた。

「う…う…」

取れていくのを止めようと顔を上げる。
肩が動いて、麻縄がまた落ちそうになる。

「ほら、麻縄が落ちそうだよ」

「う…」

こんな不自由な状態にされても、ゆいは手を離さない。
僕の命令にはとても従順な可愛い子だ。



さらにまた乳首のクリップを、僕は指でピンとはじいた。

「いあぅ…」

ゆいが顔を横に振ると、ヨダレがその口から垂れていく。
ツーと糸を引いて正座している膝に落ちる。

「…う…」

一度、流落ち始めてヨダレは止まらない。