M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その15



ゆいの乳首に噛みついているクリップを、また僕は指でピンとはじいた。
今度は強くはじいた。

クリップがプルンプルンと乳首の先で揺れている。

「う…かあ…」

乳首の痛みに、ゆいは顔を床に向けて前かがみになった。
ゆいの口からヨダレがポタポタポタッと床にこぼれ落ちる。

「うぅ…」

痛みがまだ続いているかのようだ。
ゆいの肩に乗っていた麻縄が、床にザラリと落ちた。

「麻縄を落としてしまったな、これは、後でお仕置きだな」

お仕置きという言葉に反応して、ゆいは目で僕に何かを訴えかけているようだった。
だが、ボールギャグをかませられていて、言葉は出てこない。

ここまではほんの軽い調教だが、そでもゆいは十分に反応しているようだ。

「ゆいのオマンコは、どうなっているのかな?ゆいのオマンコを検査してみよう」



「四つん這いになりなさい」

「はひ…」

ゆいは僕の命令に従って、四つん這いになった。

「ようし、いい子だ。さあ、ゆいのオマンコを見せてもらおうか」

僕はそう言って、ゆいの白いショーツをクルリを剥いで丸いお尻をむき出した。

「あう…」

お尻を引こうとするゆいに、僕は言った。

「動くな。そのままだ」

ゆいは僕の命令どおりに、お尻をむき出しにされた格好で四つん這いになっている。
股間の割れ目から、透明な液体が流れ出ている。

「何だ、これは?」



「ゆいのオマンコは、もうこんなになっているのか」

僕はそう言って、ゆいのオマンコに指を触れた。

「いやらしいオマンコだなあ」