M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その17



丸いお尻から背中に這わせていった麻縄の感触に、ゆいはとても感じているようだ。
四つん這いになって、床に着いている手の指がカリカリと爪を立てている。

「あぁ…」

ザラザラとした麻縄が、蛇のようにゆいの肌の上を這いまわっているかのようだ。
オマンコからは愛液が流れ落ちていた。



四つん這いになって、頭を下げている恰好だと、すぐに口からヨダレが垂れてくる。
オマンコからは愛液を垂らし、口からはヨダレを垂らしている。

こんな恥ずかしい姿を見られながら、ゆいは口とオマンコの両方から液体を垂らしているのだ。
ショーツを完全に脱がしてしまうのではなく、途中まで下げた格好のほうがさらにいやらしさが増す。

ブラジャーは着けたままだ。
こんなアンバランスさが、とてもいい。

中途半端な恰好にしたままで、僕はゆいを嬲っていく。