M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その21
ゆいの可愛い小さな乳首に、僕はクリップを付けた。

「ああぁ…」

乳首の痛みに、ゆいが泣く。
クリップにはゴム紐が付いていて、もう片方のクリップがぶら下がって揺れている。

揺れるたびに、乳首が痛む。

「…、…」

声が出ない。

「ほら、痛いなあ」

僕は太ももあたりで揺れているクリップを持ち上げて、ゆっくりと引っ張った。



「こうしたら、もっと痛いなあ」

「いやぁ」

ゆいの乳首に痛みが走る。
そのままクリップを頭の高さまで持ち上げてから、僕はそのクリップを放した。

クリップが落下する。

「きやっ」

下まで落下した瞬間、ゆいの乳首をクリップが強く引っ張った。
いい泣き声だ。

もっと聞きたい。

「ほら、次は右の乳首だ」

乳首からクリップを外す時もまた痛いものだ。

「い…」

左の乳首からクリップを外した瞬間、ゆいの顔がカクンと下がった。

「ちゃんと顔を上げて」

ゆいの顎をつまんで顔を起こしてから、今度はそのクリップを右の乳首に付けた。
小さな乳首がクリップに挟まれて、痛々しく歪む。

「いやあ」

「ほうら、また痛いぞ」

太ももあたりに揺れているもう片方のクリップを、また僕はグイッと引っ張った。

「あああ…」

小さな乳首が、上に向かって引っ張り上げられている。
ゆいの顔が痛みで歪む。

「痛いです…。ご主人さま…」

ゆいの乳首責めは、これくらいにしようか。

「許して…」



ゆいの乳首からクリップを外した。
乳首とその周りが赤くなっている。

「ここが痛かったな」

僕は少し屈んで縛り上げられているゆいの乳首を舐めた。

「ああ、ああぁ」

乳首の痛みが快感に変わる。
舌でチロチロとゆいの乳首を舐めると、ゆいの口から喘ぎ声が漏れた。

股間縄と乳首責めで、ゆいはもう十分に感じているはずだ。

「ゆいのあそこは、どうなっているかな?」

僕はゆいの右足に麻縄を巻き付けて、柱にグイッと引き上げた。

「ゆいのオマンコを見たいなあ」