M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その22
ゆいの右足を引き上げると、オマンコが丸見えになる。
「ほら、こうするともう恥ずかしいところが隠せない」

「いやっ」

ゆいは僕から顔をそむけた。
ゆいの黒い陰毛の奥に隠れたオマンコから、光っているものが見える。

オマンコから愛液が垂れている。

「もう、こんなになってる」
ゆいのオマンコを指で触ると、もうヌルヌルになっている。

「いやらしいなあ、ゆいのオマンコは」

クリトリスがピンク色の頭を覗かせている。
オマンコの中に、僕は指を入れた。

もう十分に濡れているから、ぬるりと指が入って行った。

「ああぁ」
僕の指の動きに反応して、ゆいが声を上げる。



ゆいのオマンコの中で指を動かすと、ゆいの泣き声が聞こえる。

いい声だ。
片足を吊りあげられ、オマンコを丸出しにして柱に立たされている。

こんな姿で、抵抗もできない。
無防備になったオマンコを、虐めるのは簡単だ。

「あっ…、あああっ」
指をオマンコから出したり入れたりすると、その動きに合わせるかのようにしてゆいが泣く。

「だ…だめぇ」

ヌルヌルとした液体が、僕の指をたっぷりと濡らしている。

「この中に入れて欲しいか?」



「入れて…、入れて…ください」

ゆいが僕を求めている。

「ようし、じゃあ解くぞ」

ゆいの麻縄を解いて、ベッドに上がるように言った。



ゆいは麻縄から解放され、ベッドの上にその体を横たえている。
僕は、柱に巻き付けられた麻縄を始末し、部屋の中に散らかった道具類を片付けてから、ゆいの待つベッドに上がった。

ゆいは布団を抱きしめて、僕を待っている。
僕に抱かれることを待っている。