M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その23
ゆいが抱きしめている布団を、僕はゆいから引き剥がした。
ベッドの上でゆいは胸を隠している。

僕に抱かれるためにベッドで待つゆいの仕草が可愛い。
僕を待っているゆいの姿を写真に収めたいと思った。







これは調教写真ではない。
ラブホテルでベッドの上にいて、男から抱かれる事を待っている女の子の写真だ。

僕がカメラを向けると、僕のほうを向いてゆいは微笑んだ。
ゆいの白くてスベスベの肌が僕を待っている。