M女の隠れ家

<奴隷 里奈> その27
窓のブランドの前での羞恥責めは、本当に開けることはしなかった。
やはり、このホテルではリスクが高い。

そのまま次の調教に移ることにした。
股間縄を解き、マッサージチェアの背もたれに枕を当てて、そこに里奈を座らせた。





「さあ、これから里奈の恥ずかしいところを見せてもらおうか」
マッサージチェアに座らされている里奈の両足に麻縄を巻き、それを後ろに大きく引き上げた。

「いやああぁ」
里奈の両足が大きく広げられて、恥ずかしい股間が丸見えになった。



「ああ…」
里奈は、恥ずかしいところを僕のカメラの前に晒しながら、フラッシュを浴びている。

太腿に巻き付けられた麻縄はマッサージチェアの後ろで結ばれているため、両足は大きく広げられたままで閉じることができない。