M女の隠れ家

<奴隷 里奈> その44
若い女の子が裸で悶え泣く姿を見ているのは、最高の贅沢だ。
いい声だ。

里奈の泣き声は、僕にとってはまるで心地よい音楽のようだ。

「あっ、あああっ」
ローターの刺激に、体をくねらせながら里奈が泣き声をあげている。



里奈の小さな乳首がツンと立ってきた。
まだ十分に発達していない乳房が、とてもいじらしい。

この小さな乳首を、これから苛めていく。
僕はその準備を始めた。

ゴム紐の付いたクリップで、里奈の乳首を苛めるのだ。
里奈の両方の乳首にゴム紐の付いたクリップを噛ませると、里奈はうめいた。

ゴム紐をそのまま引っ張り上げて、天井にあるフックに固定した。





オマンコに埋め込まれたローターの刺激で、これまでのように体をくねらせると、乳首のクリップが引っ張られるのだ。
折れそうになっていた膝が、また立ち上がっている。

膝が落ちれば乳首が引っ張られるからだ。
「ああぁ…」

ローターの刺激と乳首の痛みのジレンマに、里奈が泣いている。