M女の隠れ家

<奴隷 里奈> その46
里奈は自分で自分の乳首を苛めているかのようだ。
身体を動かすたびに、クリップが揺れてさらに乳首を苛めていく。





僕は里奈に近付いて、そのクリップの紐に手を伸ばした。
「ほら、こうするともっと痛いぞ」

そう言いながら、僕はゴム紐を引っ張ってピンとはじいた。
ゴム紐が大きく揺れ、その動きに合わせて里奈の乳首に噛みついているクリップも揺れる。

「いやあぁ」
里奈の鳴き声が大きくなった。

「おお、いい声だ、もっていい声で泣いてごらん」

僕はまたゴム紐に手を伸ばした。
「いや、いやあぁ」

里奈は身体をよじって、僕の手がゴム紐に届かないようにしようと逃れている。
そんな事ができるはずもないのに。