M女の隠れ家

<奴隷 里奈> その61
「いやぁぁ…」

オマンコに埋め込まれた2個のローターが、里奈を激しく狂わせている。
仰向けになったSMチェアの上で、里奈はローターの刺激で悶え続けた。

鉄製のしっかりとしたSMチェアは、里奈がいくら力んでもびくともしない。
しっかりと里奈の体を拘束している。





足を閉じようとしたり、腰を浮かせようとしてもがいているが、黒い革バンドが里奈の体を確実にSMチェアに拘束している。

「ああぁぁ…、ご…ご主人様ぁ…」

「どうだ、このSMチェアは?」
僕は里奈の顔を覗き込むようにして、聞いた。

「ああん…、だめぇ、おかしく…なるぅ」
2個のローターの刺激は、里奈の理性を狂わせてている。

さっきまでクリップが噛み付いていた乳首が、今はツンと天井に向かった飛び出していた。
「ほら、ここを舐めてあげるよ、気持ち良くなるぞ」

僕はそう言ってから、里奈の飛び出している乳首に唇を這わせた。
「あうっ…」

両手を大きく広げて拘束されている里奈は、乳首を僕に舐められて悶えた。
里奈の髪に指を通しながら乳首を舐めていると、体をのけ反らせながらもがいている。





「だめ…もう、だめ…」
里奈の声のトーンが変わってきた。

「ああぁん…、お、おかしくなるぅ…」
舌でチロチロと里奈の乳首を舐め続けていると、里奈は声をあげて泣いた。

「ほら、今度はこっち側の乳首も舐めてあげようね」
SMチェアの反対側に移動して、さらに右の乳首も舐めていく。

里奈は乳首がとても敏感な子だ。
乳首をクリップでいじめられたり、舌で舐めたりすると、とても感じるのだ。

反対側の乳首を指でつまんだり、まだ幼さが残る小さな乳房を手の平でギュッと握ったりしながら、乳首を舐め続けた。
「だめ、だめ、許して…」

里奈は乳首をクリップ責めにされ、さらに舐め回されたり指でつままれたりして、乳首への執拗な責めに里奈は声をあげて悶えている。
乳首を刺激されると、里奈はオマンコの奥がギュッと締まる子だ。

そのオマンコの奥には、今は2個のローターが暴れ回っている。
乳首の刺激とローターの刺激が重なって、里奈の体がガクガクと震えだした。