M女の隠れ家

<奴隷 留美> その18
アルファ・インの部屋の天井には、大きな梁があり、そこに頑丈なフックが何本も取り付けられている。
そのフックに鎖のリードをかけて、グイッと引き上げて行く。

留美の顎が引き上げられて、顔が上を向いた。
可愛い留美の顔が、リードにつながれた首輪のせいで上を向いている。

こうされると、もう屈むことも逃げることもできない。
こんな状態にされた留美を、これからいたぶってあげよう。

「さあ、これからがお楽しみだ」

僕はピンクのローターを持って、首輪を引き上げられて立たされている留美の後ろに回った。



留美は、首輪を引き上げられているせいで頭の動きが取れない。
僕が留美の後ろに回っても、振り向いて見ることもできないのだ。

不安そうな留美の眼が、とても被虐的だ。

僕は手に持ったピンクのローターを留美のお尻の肉の間を通っている股間縄の隙間に押し込んでいった。

「あっ…」
留美が高い声を上げ、お尻を振って逃れようとする。

「いやっ」

「ほら、動くんじゃない」
僕の厳しい声が留美の動きを止めた。

留美のお尻の肉を押し広げて、僕はオマンコの中にピンクのローターを挿入して行った。
「いやあぁ…」

人差し指で留美の柔らかい肉の感触を感じながら、オマンコの中にローターを押し込んでいく。

「あぁ…」

留美が僕の指が中に入ったことで、声をあげている。



留美の中の濡れた感触が僕の人差し指に伝わった。
ローターを留美の中に押し込んでから、僕はゆっくりと人差し指を留美から抜いた。

ローターのスイッチは、留美の背中の縄に挟んで固定した。
これで準備は整った。

まだローターのスイッチは、入っていない。
これから、このローターの振動で、留美にたっぷりと狂い踊ってもらうのだ。

アルファ・インの中では、いくら大きな声で泣いても、誰も不審に思う者はいない。
好きなだけ声をあげてもいいのだ。

裸にされた女の子が、麻縄で縛りあげられ、股間縄を通されて立たされている。
股間縄の奥にはローターがオマンコの中に埋め込まれている。

オマンコにローターを埋め込んだ状態の股間縄は、ローターの振動が股間縄に伝わるため、クリトリスまでもがローターの振動を受けるのだ。

そんな姿で、首輪のリードを引き上げられて、屈むこともできない。

「どうだ? こんな格好にされて」