M女の隠れ家

<奴隷 留美> その24


しばらく休ませてクールダウンしたところに、また刺激を与えて行く。
オマンコの埋め込んであるローターだ。

「またローターのスイッチを入れるぞ」
僕がそう言うと、留美は怯えたようにして顔を背けた。

もう何も抵抗することのできない身体だ。
僕に、されるがままの身体で、またローターに狂わされることに期待と抵抗を示しているかのようだ。

背中の麻縄に挟んでいたローターのスイッチを、僕は手に持ってグルリと回した。
「いやぁ」
留美が泣き声を上げた。

またローターがオマンコの中で暴れ始めたのだ。
吊っていた縄も鎖のフックもなくなって、留美はもう立っていられずに、ローターの刺激に悶えながら床に倒れ込んだ。

「ああぁ」



「ああぁ」
ピンク色のローターのスイッチを胸の麻縄に挟んだまま、留美はアルファ・インの赤いリノリウムの床に倒れて悶えている。

「いや…」

足を交互にして股間の刺激に耐えるように擦り合わせている。
そんな仕草が、とてもセクシーだ。

「はっ、は…」
息が荒くなってきた。