M女の隠れ家

<奴隷 留美> その25
留美の白い肌が、ピンク色になってきた。
留美の滑らかな頬の色が赤くなっている。

「あっ…ぁぁ…ああっ」
ローターとその振動を伝える股間縄が、留美を悶えさせている。

留美の腰が、クン、クンと動く。
いやらしい動きだ。





留美の腰が動けば、また股間縄が敏感なところを刺激する。
その刺激がまた留美の腰を動かす。

留美の意思とは関係なく、腰だけが勝手に動いていく。
止めることのできない刺激の連鎖が始まった。

「いやっ」
ローターと股間縄が、留美をいじめていく。

「ご…ご主人さまぁ」
留美が僕に何かを求めているようだ。



留美は狂いたいのだ。
僕は留美の哀願する眼から、それを見抜いた。

僕はソファに腰を下ろして、何も言わずに留美の目の前に足を差し出した。
留美は奴隷の眼をして、チラリと僕を見ただけですぐに僕の足の指をその可愛い口と舌で舐め始めた。