M女の隠れ家

<愛奴 幸恵> その7
四つんばいになって、部屋の中を散歩させる。
首輪とリードを着けて。

手首と足首に付けている鈴が鳴る。
彼女は首輪を着けられるのが好きで、自分からつけて欲しいとおねだりしてくる。




ベッドに上げて、腰の下に枕を入れた格好で両手両足を縄で縛って固定した。
恥かしいところが、丸見えになっている。

ぷっくりと膨らんで、広がっている。
土手が高く、きれいなオマンコだ。



もう閉じられない。
どんなに嬲られても・・・。

これから始まる調教に期待と想像が膨らんでいるようだ。

もう、濡れ濡れになっている。
「お尻の穴まで丸見えになっているぞ」



「そうか。まずお尻を責めて欲しいのか」

言葉はないが、お尻の穴が責めて欲しいと懇願している。
アナルバイブを取り出して、電池を入れる。

ローションをアナルバイブとお尻の穴に塗る。
「さあ、これからアナルバイブだ」



「じっとしていろ」
ローションを塗ってあるアナルバイブをお尻の穴に挿入する。