M女の隠れ家

<愛奴 綾乃> その24
この日の調教では、綾乃に高校時代のスクール水着を持ってくるようにと、僕は前もって命令しておいた。
ホテルの部屋に入り、持ってきたスクール水着に着替えてから、綾乃は僕の指示に従って、カメラの前でポーズを取らされていく。

「何だか、少し恥ずかしい。こんな感じでいいですか?」

「そう、もう少し胸を張って」
僕は綾乃にポーズを要求していく。

僕のカメラのフラッシュの前で、綾乃はまるでグラビアにでも出るかのようにポーズを取った。
「かわいいよ、いいポーズだ」
僕が褒めると、綾乃は少しテレたようにはにかむ。




「やだぁ、ご主人様っ」
綾乃が僕の言葉に、可愛く反応する。

ホテルの一室で、僕と愛奴の二人だけの撮影会のような感じだ。
僕は綾乃に、自由にポーズを要求することができる。

「手は縛られているかのようにして、後ろに回してごらん」
スクール水着を触るとザラザラとするようなナイロンの風合いが、男の僕にはとても扇情的だ。

そのスクール水着の肌触りを、この後でじっくりと味わうことにしよう。
今は、綾乃の身体を包んでいるこの水着を、僕は惜しむことなく眺め回し、カメラに収めていく。

「今度は右ひざを立てて」
綾乃は僕の言葉のとおりに、その身体を動かしていく。



「そうだ、いいよ」
何も特別な照明設備もないごく普通のラブホテルだから、僕のカメラのフラッシュだけが頼りだ。

「今度は、その場所で立ってごらん」
影が壁に写るのは、仕方がないか。

「そう、手は縛られているかのようにして、ちゃんと後ろに回して」
僕の言葉のとおりに、綾乃は手をまた後ろに回していく。

立つとウエストが細く見える。
太ももはしっかりとしていて、スポーツをしていたのがよく分かる。

そして、その太ももに比べてウエストが細い。
若い身体の特徴だ。

この身体を、今日もいっぱい淫らに狂うほどに調教していくのだ。
まずは、このスクール水着のままで・・・。