M女の隠れ家

<愛奴 綾乃> その25
僕の言葉の通りにポーズを取って、僕がそのポーズを褒めると、綾乃はうれしそうに微笑む。
こんな簡単なことでも、二人にとっては楽しいひとときだ。

綾乃の白くてすべすべの肌が、カメラに収められていく。
「きれいだよ」

若い肌は、とてもきれいだ。
スクール水着の胸元が、セクシーだ。



「どうだ? こんな写真を撮られるのは?」
「ちょっと楽しい」

「そうか、次はいつもように四つんばいだ」

僕の声のトーンが変わる。
これまでの声とは全然違う。

S男性の声だ。
「さあ、そこで四つんばいになりなさい」




「はい、ご主人様」
僕の声の変化に気づいて、綾乃は急におとなしくなった。

僕も声に敏感に反応する。
床に両手をついて、スクール水着のままで四つんばいになっている。




「そうだ、そのままだ」
僕はそう言って、綾乃の四つんばいの姿を眺めている。

前から、後ろからとスクール水着姿の女の子が、四つんばいになっている姿を僕は嘗め回すように眺めた。
いい姿だ。
四つんばいは奴隷の象徴的な格好だ。




この薄い水着の布の下にある綾乃の肌を、僕は想像する。
綾乃のまだ若い身体は、スポーツをしていたために太ももが太い。

ウエストと妙にアンバランスなところが、若さを表している。
僕は四つんばいになった後ろから、綾乃のお尻を眺めている。

今日は綾乃のこの白い太ももを、いっぱい調教していこう。
この太ももがどんな風に変化していくのか、今からワクワクする。