M女の隠れ家

<愛奴 綾乃> その29
むき出しになった白いお尻の肉を見ていると、僕はそれを触りたくなってきた。
手を伸ばして、ギュッとその白い肉を僕は手に握りつぶす。

「ああぁ・・・」
いい声だ。

割れ目の肉を持ち上げたり、太ももにまで手で触ってみた。
麻縄で巻かれて、肉が段々になっている。

僕はもっと綾乃の泣く声が聞きたくて、カバンの中からローターを取り出した。



ローターを綾乃のスクール水着の股間に入れ、一番敏感なクリトリスの位置に当てた。
ローターの位置が動かないようにするため、お尻の割れ目に食い込んでいるスクール水着に縄をかけて、さらに上に引き上げるようにしてその縄を後手の縄に結んだ。

これで、手を動かせば、股間のローターも動いてしまうことになる。
スクール水着は伸縮性が高いため、股間のローターはぴったりとクリトリスの位置に密着している。

「さあ、ローターのスイッチを入れてやろう」
準備が整ったところで、僕は綾乃に言った。

「いゃあ、ご主人さまぁ…、許して…ください…」



もちろん、そんな綾乃の言葉を真に受けることはない。
「ほら、どうだ?」
綾乃の言葉を無視して、僕はローターのダイヤルを回した。

「あぁぁ…ぁぁ……」
綾乃の腰がビクンの動き、甘い声を上げる。
クリトリスの位置にぴったりと密着しているローターの刺激に、綾乃はただ翻弄されるだけだ。

「あっ…あっ…」
麻縄で縛り上げられ、身動きの取れない状態でも、ローターの刺激で体が勝手に反応する。

縄の中で腰が悶えている。
「あぁぁ……」



「もっとローターを強くするぞ」
そう言って、僕はダイヤルをさらにグイッと回した。

「きやっ。だめっ、だめ…ですぅ…」
綾乃の腰がクン、クンと動く。

縛りられて曲げられている両足が、伸びようともがいている。
だが、そうやってもがけばもがくほど、麻縄ば綾乃の肌に食い込んでいく。
「いいぃ……、いゃ…」