M女の隠れ家

<愛奴 綾乃> その31
「ああぁ……、ご、ご主人さまぁ、イキそうですぅ」
振動するローターがスクール水着の下で、クリトリスに密着するように当てられている。

そのローターのクリトリスへの刺激と縛られた縄の感触、そして僕がその体を手で撫ぜ回したことで、綾乃はイキそうになっていた。
「ご主人さまあ、イキそう」

「だめだ、まだ、イクことは許さない」
僕はそう冷たく言い放った。

「あああんん、いやぁイクぅ、もうイキそうですぅ」
綾乃は、僕に泣きそうな声で哀願する。

「だめだ、これでイクのを我慢しろ」
僕は持ってきたカバンから鞭を取り出して、綾乃の白くてたっぷりとした肉の付いているお尻に振り下ろした。
パシーン!



「きゃっ!」
パーン、バシーッ!
「ほらっ、これでイクのを我慢できるだろう?」

パーン!
「いやあぁぁぁ」
綾乃の甲高い泣き声が、ホテルの部屋の中に響いた。



パーン、パシーン!
僕が綾乃のお尻から太もも、背中にかけて鞭を振り下ろしていく。
「きゃっ、いやぁ、ああぁぁぁ」

綾乃の泣き声とともに、その白い肌に鞭の痕が赤く残っていく。

「ほら、次はそのおっぱいもいじめてやろうか」
僕はそういって、スクール水着の胸をグイッと引き下げて、綾乃の大きなおっぱいをむき出しにした。