M女の隠れ家

<奴隷 由美> その14




大きく開かれた両足の付け根は、もうトロトロの状態でとても柔らかくなっている。
ここにローターを入れて、遊んでみようと思う。
まだバイブやローターなどは、一度も使ったことがないということだから、どんな反応をするのかとても楽しみだ。

その前に由美の目の前に、僕の足を出してみた。
「舐めろ。」
ただ、それだけをを言うと、由美は何のためらいもないかのように僕の足の指を舐め始めた。

まるで、奴隷がご主人様の足を舐めるのはとても自然な行為であるかのごとく、素直に舐めている。
従順になったものだ。



では、そろそろこの大きく開かれた股間にローターを埋め込ませてもらおうか。
僕はイスに座り、持参したSM道具の中からローターを取り出して乾電池をセットした。
由美はこれから始まる調教を、まだ何も知らされていない。自分がどんなことになるのか、たぶん想像もつかなだろう。