M女の隠れ家

<奴隷 由美> その19




クリップの紐を引っ張ったり緩めたり、また上に引っ張ったり下に引っ張ったりすると、その度に由美の小さな乳首が歪み、泣き声が部屋にひびいた。
「いやぁ、あっ、あぁぁ」

ローターのダイヤルのランプが赤く光り、一番強い状態であることを示している。
乳首のクリップの紐を強く引っ張っても、クリップは乳首に噛み付いたままはずれることもない。

ピンクの小さな乳首がとても痛々しい。
今日の調教のクライマックスだ。

初めての調教で、ここまでされるとは思ってもいなかったことだろう。
とてもいい調教だった。

由美は、もうそろそろ限界だろう。
僕も、十分に由美の悶える姿や泣き声を堪能した。



由美の乳首からクリップは外し、今日の調教を終えることにした。

「きゃあぁ」
乳首クリップは、外す時がまた痛いのだ。

僕は由美の髪を撫でて
「よく頑張ったね。今日の調教はここまでだよ」
といいながら、赤くほてった頬にキスをした。