M女の隠れ家

<愛奴 綾乃> その32


ローターのクリトリスへの振動でイキそうになっているその寸前のところで、鞭で責められている。
白いお尻に赤い筋が残る。

「ああぁぁ」
鞭の痛みに、綾乃が悶えている。

パシーン!
また僕はその体に鞭を振り下ろした。
「きゃあぁぁぁ」

いい声だ。
スクール水着からむき出されたおっぱいにも、鞭を当てる。
ビシーッ!

「いやぁ、ああぁ」

「ほうら、痛いなあ、鞭は痛いよなあ」



「勝手にイッたら許さないぞ、まだ我慢するんだ。いいな」
僕はそういいながら、ローターのスイッチを一番強くした。

股間から聞こえるブーンというローターの振動音が、ビーンという高い音に変わった。
「いやあああっ、ぁっ」

綾乃の後ろに縛られている手が、悶えている。
手を動かすと縄が動き、スクール水着のお尻の部分に縛り付けられている縄にその動くが伝わる。

そうすると、スクール水着の下に密着されクリトリスに当たっているローターも動くのだ。
綾乃は自分でクリトリスに密着しているローターをこすり付けて動かしているようなものだった。

ますますクリトリスへの刺激が強くなる。
「もう、イキたくてたまらないか?だが、まだだ」

僕はそう言って、綾乃が一番苦手としている乳首へのクリップ責めをする。
カバンの中から一番咬む力の強いクリップを取り出した。

2個のクリップが黒いゴム紐でつながっている。
それをむき出しになったおっぱいの乳首に付けた。

「いっ」
もう一方のクリップは膝に巻きつけられている麻縄に取り付けた。

ゴム紐がピーンと張っている。
「あぅ、いたぃぃ」
そのゴム紐の力で、乳首が引っ張られている。

スクール水着を着た女の子が、麻縄で縛り上げられ、クリトリスにローターを当てられて、イク寸前のところを、鞭のクリップ責めでイクのを止められている。



「いゃあぁぁ」
パシーン!

さらに強く、僕は綾乃の太ももに鞭を振り下ろす。
「きやっ」

鞭の痛みに反応して、綾乃の体がのけ反ると乳首につながっているゴム紐が、さらに強く乳首を引っ張る。
その時、スクール水着の布の下でクリトリスに密着しているローターも、さらに強くクリトリスに押し当たる。

「まだだ、まだイクなよ」