M女の隠れ家

<奴隷 由美> その23
由美の白い肌に赤い首輪がよく似合っている。
縄で縛り上げられたおっぱいが、さらに突き出たような形になっている。

由美は僕の縄を受けて、羞恥と苦悶の中で悶えていた。

「いやぁ、ご主人さまぁ」
後ろに組まれた両手の小指が絡まっている。

こんな風に小指を絡めているのは、どんな意味があるのだろうか。
僕は由美のこの写真を見るまで、調教中は小指のことに気付きもしなかった。

面白い。



由美は足を大きく持ち上げられた格好で、恥ずかしい股間をさらしている。
背中の縄と左足に巻きついている縄だけで、不安定が格好で片足で立っているのだ。

だか、こんな不安定な片足のままでは、そういつまでも立っていられるものではない。
段々と体が傾き始めてきた。

「ああぁ、ご主人さま…ぁ」
僕に助けを求めているかのような泣き声に変わってきた。





床に着いている右足がガクガクと震え始めている
もう立っていられないかのようだ。

由美の息が、ハアハアと荒くなってきた。
僕はそんな由美の乳首を摘んで、コリコリともてあそんでいる。

「いやあぁ」
由美の泣きき声が可愛い。 たっぷりとした肉付きのいいおっぱいは、僕の手の中で柔らかくなっていった。
いい感触だ。

僕の手が、指がその感触を喜んでいる。
そして由美の泣き声も僕の耳に心地よい。