M女の隠れ家

<奴隷 由美> その24






由美は僕のおっぱいへの責めに耐えながらも、辛うじて片足で立っていた
「ハア、ハア……」
由美の息がますます荒くなっている。
片足吊りの状態で、これ以上の時間、縛り上げたままにしておくのは由美の体に負担がかかりすぎる。

「由美。よくがんばったね。素敵だったよ」
僕は由美の体を抱いて、その体に食い込んでいる縄を解いた。

崩れ落ちるかのような形で、由美の柔らかな体が僕の腕に乗ってきた。
僕はその由美の体を受け止め、抱き上げるようにしてベッドに連れて行った。



ベッドの上に横たわってしばらくすると、由美の体も元気を取り戻してきた。
僕は由美の体を抱きしめ、その柔らかなおっぱいを口で吸いながら股間に手を入れていった。

「あっあぁ」
由美の可愛い声がする。

股間に入っていく僕の指に由美が敏感に反応する。
僕の指が濡れている由美のオマンコを押し開き、その奥の小さな穴にもぐりこんでいった。

穴の中で指を動かすと、由美が泣く。
僕の肩に回した由美の手に、力が入ってくる。