M女の隠れ家

<奴隷 由美> その29


由美を抱いている時は、当然写真を撮る事ができない。
だから、由美がシャワーを浴びている時やその後の服を着る時の写真になってしまう。

僕は由美がシャワーを浴びている間、静かにベッドの上にいて、由美の体を思い出していた。
いい感触だった。

由美は、とてもいい肌を持っている。
そんなことを思いながら、ベッドの上で僕は体を伸ばした。

さあ、そろそろ別れの時刻が近づいてきている。
由美がシャワーを浴びている音が聞こえる。

僕は由美との今日の思い出をしっかりと残したくて、カメラを持ってお風呂場に行った。
タオルで体を拭いている由美の写真を撮った。

裸で調教されている時とは違った抵抗を見せる。
調教が終わって抱き合った後では、また違う恥ずかしさがあるのだ。



体を拭き終わった由美が部屋に戻ってきた。
ベッドの上に横たわっている僕をそっと抱いてキスをしてくる。

可愛い仕草だ。
そんな由美を僕はとてもいとおしいと思う。

だがもう時間はそんなに残されてはいない。
そろそろ帰り支度をしなければならない時間になっていた。

由美が服を着始める。
その姿に何だか少し寂しさが漂っているかのように感じる。

でも絶頂を味わった後の満足感もあるようだ。
女性の複雑さを感じる。

僕は調教の体を拭いていたり、服を着ていたりするような、調教の後のごく普通の仕草の写真を撮るのが好きだ。



ブラジャーのホックを止める姿は、とても女を感じされる。
真っ白い下着は清楚で少しウブな感じがする。

服を着終わった由美は、また僕に抱きついてきた。
別れが辛いかのような顔で、僕を見つめている。

また会うことを約束して、僕たちはアルファ・インを後にした。
外は少し小雨混じりの天候だった。

                      

                                                        <アダルトグッズを買うならココ>