M女の隠れ家                                           <奴隷 美奈> その19  




美奈の体の上に這わせた麻縄は、美奈が体を少し動かしただけでも安定を欠いて少しずつズリズリと体から滑り落ちていく。

「ああぁ…」

麻縄が体を這い落ちる時の感触に美奈は声を漏らした。
特に股間を麻縄が流れ落ちる時、ひときわ高い声が漏れた。

僕は床に流れ落ちた麻縄を美奈のお腹の下あたりの床に置き、その縄を股間を通して背中に回した。
股間を通すときは、2枚の小さなラビアの間にはさむようにして縄を通した。



美奈の股間を通された麻縄は、そのままスーッと背中を這っている。
僕は美奈の頭のほうに回り、この背中を這っている縄の端を持ち上げた。

床にとぐろを巻いている麻縄は、美奈の一番敏感なところを通って、背中を這っているのだ。
この背中の麻縄の端を僕は持って、そのままゆっくりと引っ張った。



「ああぁ…ぁぁ」
美奈の悲鳴のような声が聞こえた。

ラビアの間を通った麻縄がゆっくりと引っ張られていくのだ。
ずりっずりっと僕は麻縄を引いていった。



                      

  <SMグッズが豊富なネットショップです>