M女の隠れ家

<奴隷 里美> その6
里美は僕の目の前にその白いお尻を晒しながら、四つんばいになっている。

そして、僕はその白いすべすべのお尻を手で撫ぜ回していく。
そろり、そろりとそのお尻を触ると、里美は切なそうな声を漏らす。

「うぅんん・・・」
僕はもっとそのお尻を触りたくなってきた。
さらに、そのお尻の割れ目の間も見てみたい。

「そのままじっとしていなさい。」
僕は里美にそう言ってから、お尻を包み込んでいた黒いショーツをグイッと引き下げた。

「あっ・・・」

里美は僕の手から逃れようとして腰を引いた。
「こら、勝手に動くんじゃない」
僕からそう言われ、里美はまた四つんばいのポーズに戻った。

黒いショーツを引き下げると、白くてすべすべのお尻がプリンと剥きだしになった。
丸くてとてもセクシーだ。

「ちゃんとお尻を突き出して。腰を引くんじゃない」

僕の言葉に従って、里美はそのままお尻を突き出している。
そして、そのお尻の下には黒い陰毛はなかった。
僕が命令したとおりに、きれいに剃ってある。