M女の隠れ家

<奴隷 里美> その14
「足を持ち上げて、オマンコを広げなさい」
僕の声に、里美はもう逆らうことはしなかった。

「はい、ご主人様」
そう答えて、足を持ち上げて、自分の手でオマンコを広げている。
「そうだ、いい格好だ」
天井の鏡に写る自分の姿は、嫌でも目に飛び込んでくる。逃れられない・・・。
ピンク色のオマンコの中が、濡れているのがはっきりと見える。

里美は自分でもこんなところを見たことはなかった。
最初は恥ずかしくて広げられなかったのに、今は自分の濡れたオマンコの中を初めて見て、興味を持ったらしい。
指で大きく広げて、天井の鏡に写っている自分のオマンコの中を眺めている。

「僕は何度かフラッシュを光らせた後で、里美に言った。
「よし、もういいぞ、恥ずかしかったか?」
この声に里美は、はっと我に返ったかのように、慌てて足を閉じた。

「ああん・・・」
いまさらのように声を漏らして、恥ずかしさに身をよじっている。
ベッドの上で今まで自分がしていたことに、恥ずかしさで悶え声を上げた。
「さあ、次は縄で縛るぞ」
「ベッドから降りなさい」
そう言って僕は持ってきたカバンから数本の麻縄を取り出した。

その麻縄を見て、里美は少しうれしそうな顔を見せる。
いよいよ縛ってもらえるのだ。

「はいっ」
声に元気がある。