M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その10
引き下げられたブラジャーから、まりあの小さな乳首が見えている。

ブラジャーもショーツも中途半端な状態で、まりあの体にまだ残っているのに、それを元に戻すことは許されない。

僕の命令が、まりあの体を中途半端なままにしている。





恥ずかしくて、体を手で隠したい、ブラジャーとショーツを元に戻したい。
でも、それは許されない。

このジレンマに、まりあは悶えている。





僕が次の調教の準備のために、まりあから目を離すとすぐに柱の陰に身を隠した。
ほんのわずかな時間でも、その恥ずかしい体を隠していたいらしい。

だが、その時でもちゃんと両手は自ら後ろに回したままでいるのが、いじらしい。
まだ僕の縄は、全く使われていない。

まりあは、自ら両手を後ろに回しているのだ。