M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その17
まりあが身体を動かせばショーツが床に落ちてしまうほどに、下がってきている。
愛液が垂れている恥ずかしさと、それを隠したいという気持ちがとても強いのに、それができないジレンマだ。

「ああぅぅ…」
まりあの悶える声が、妖しく聞こえる。







僕は何もしない。
まりあの身体に指一本触れることなく、ただまりあが悶える姿を眺めているだけだ。

まりあは股間から愛液を垂らしながら、その両足を広げた恰好で、僕のカメラの前に立たされている。