M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その19
まりあの股間には、陰毛に透明なしずくが垂れ下がっていた。
愛液が、まりあの体の奥から流れ出している。



「ショーツを脱いで、足を広げなさい」
僕は、まりあに冷たい声で命令した。

「はい、ご主人様」
まりあは、急に素直になった。

僕の命令どおりにショーツを脱いで、股間が見えるように両足を大きく開いている。





まりあの股間から垂れているしずくは、今にも床まで届きそうなほどだ。
透明な糸を引きながら、すーっとしずくが垂れて行く。

「いやらしいオマンコだなあ、ようし、そのままの格好でいなさい」
僕はまりあにそう命令した後、自分の服を脱いだ。



僕はまりあの前に立ち、大きく勃起したモノをその目の前に突きたてた。
「ほら、舐めてもいいぞ」

まりあは僕のモノを、またやわらかい舌で舐め始めた。
今度は、右手で握りしめながら、頭を振って舐めている。

まりあは、舐めるのが大好きなのだ。