M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その24
麻縄をラビアの間に通して、自分の手て引っ張り上げるいやらしいオナニーショーを見せながら、まりあはその体をくねらせている。
アルファインのベッドがきしむ。

「あっ、ああん、あっ、あっ…」

縄の動きに合わせて、まりあの声が高くなってきた。







「ああぁ…、もうだめ…、イキそう、イキそうです…」

「なんだ? 麻縄オナニーでイクのか?」
僕はわざと冷たい声で、まりあに問いかけた。

「ああ、イカせてください、イキたいです…」

「ようし、じゃあ、まりあのイクところを見てくださいと言いながらイクんだぞ、いいな」

「はい、はいっ、分かりました…」

そういいながらまりあはベッドの上で体勢を変えて、ラビアの間を通っている麻縄を強く引き上げた。



「ああっ、イクっ、イキますぅ、まりあのイクところを見て…、見てくださいぃ…」

体をのけ反らせると、さらに麻縄が股間に強く食い込んでいった。

「ああっ、ああっ、あっ、あっ…」



激しく体を硬直させて、まりあは麻縄オナニーでイッた。
こんないやらしい姿を、初めて会った男性に見せながら。

「はあぁ…、恥ずかしい」

まりあは、正気に戻ったような表情で、僕のほうを見た。





ベッドの上で体を丸めて、恥ずかしさに耐えている。

「こんなの初めてです」

「いやらしい姿だったよ」

「いやっ」

まりあは僕の声に反応して、さらに羞恥心を高めたようだ。
僕は、まりあの横に入り、そのまままりあにキスをした。

まりあの舌が、僕の口の中に侵入してきた。
まだグチョグチョに濡れてるまりあのオマンコに僕は指を這わせた。

「う…」
まりあが小さく反応する。

まりあの体の上になり、僕はまりあの足を大きく開いた。

「入れるよ」

「はい…」

まりあの中に入ったら、その柔らかな感触に僕のペニスはさらに固くなった。
何度もまりあの中にペニスを突き立てていく。

「ああ…、また、またイキそうです」

顎を突き出すような恰好で、まりあは僕の下で2度の絶頂を迎えた。
そのまま二人で、ベッドの中でしばらくの休憩だ。

アルファインの他の部屋から、女の悲鳴が聞こえてきた。
アルファインでは、こんな悲鳴がよく聞こえる。