M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その26
これまでと違って、両手両足を革バンドでつながれて拘束されてしまえば、もうどんなことをされても抵抗することができない。
されるがままになる。

「ほら、こんなふうにされたら、もうどんなことをされても抵抗もできない、されるがままだ」

そういって僕はまりあのブラジャーを両方の乳首が見えるまで引き下げた。

「ああぁ…」

切なそうにまりあは声を漏らした。
乳首が小さく固くなっている。





ブラジャーを引き下げて、丸見えになった乳首をグリグリと指でつまんで転がした。

「あん、ああぁん…」

抵抗できないということが、まりあのM性をさらに高ぶらせている。



僕は持ってきたバッグの中から目隠しを取り出して、まりあに被せた。
これでもう何も見えなくなった。

見えないし抵抗もできない。



「さあ、これからが調教の本番だ」

まりあの体がビクンと動いた。
僕の声に、まりあは敏感に反応した。