M女の隠れ家

<奴隷 絵美> その5
羞恥に悶える女の子の姿をもっとたっぷりと見せてもらおうか。

僕は絵美の体を隠しているものを、ジワリジワリと剥ぎ取っていく。


「さあ、今度はその左手も後ろに回すんだ。」

僕の声に、絵美は少し戸惑っている。

「・・・・」

左手を後ろに回せば、もう胸を隠すことはできない。

「早くするんだ」


僕の急かす声に、絵美はその幼さの残る胸を必死に隠していた左手を、ようやく後ろに回した。



まだ小さな絵美の胸が、あらわになった。



「まだまだ幼い胸だな。」

僕の言葉に、その胸を隠したい思いからか、背中が丸くなる。


「ほら、体をちゃんと起こして」

「・・・はい・・・」

僕の言葉には、逆らうことはしない絵美だ。
  
幼い胸をカメラの前にさらし、赤い首輪を付けられて鎖のリードにつながれ、さらにショーツは太股まで引き下げられている。



こんな恥ずかしい格好のまま、僕の前に立たされて、その体を写真に撮られているのだ。



羞恥で絵美は顔を上げることもできない。


恥ずかしさでその可愛い唇をキュッと固く閉じている。

「どうだ?」

「こんな格好にされて、恥ずかしいか?」


「・・・恥ずかしい・・・です・・・」

素直な返事だ。

「こんな格好は、恥ずかしいよなあ」


「でも嫌じゃないよな?」


「・・はい・・、嫌じゃ・・・ないです・・・。」

僕の言葉を復唱するかのように、絵美は返事をした。


「ようし、いい子だ」

「それじゃあ、次はこの麻縄で縛ってやろうか?」

僕はそう言いながら、カバンの中から持ってきた麻縄を取り出して、絵美の目の前でその麻縄をしごいて見せた。


絵美は恥ずかしそうにうつむきながらも、呼吸が大きくなっていく。

絵美の腹部が大きな呼吸のために、へこんだ。
僕は麻縄を手にして、恥ずかしそうにうつむいている絵美のほうに歩み寄っていく。


僕が一歩ずつ近づいていくたびに、絵美の体が固くこわばっていくように見える。



まるで僕を恐れているかのような反応だ。

だが本当の絵美の心は、まるで正反対なのだ。


僕の麻縄をずっとずっと絵美は心待ちにしていたのだ。



S男性から裸にされ、辱められて、麻縄で縛り上げられることを、長い間、望んでいた。



それが今、ようやく実現しようとしていることに、震えるほどの喜びも感じている。


絵美の後ろに回り、僕は絵美に声をかける。


「さあ、縛るぞ」


「・・・はい・・、お願いします・・」

絵美は、すぐに返事をする。



その返事を聞いて、僕はその小さな体に麻縄をかけていく。

「両手を後ろで重ねなさい」

後ろ手になっている絵美の両手を縛り上げ、その縄で胸も巻いていく。