M女の隠れ家

<奴隷 絵美> その6

両手を後ろに縛られてしまうと、もうその幼い胸も陰毛の生えている股間も隠すことはできない。


絵美は肩をすぼめるようにして、小さな抵抗を示しているかのようだ。



たった1本の麻縄が、絵美の自由を奪い去ってしまった。




赤い首輪と鎖のリードにつながれ、もう逃げることも裸の体を隠すこともできず、僕のカメラの前に立たされている。




そんな被虐的な姿が、とても僕のS性を刺激する。

ゾクゾクするような興奮だ。


「ほら、麻縄で縛られてしまったな」


「もうこれで逃げることも体を隠すこともできなくなった」



「どうだ?」


「初めて麻縄で縛られた感覚は?」

僕は絵美に聞いた。


絵美の心はどんな風に変化していっているのだろうか・・・。




今、それを僕は知るすべはない。



だが、絵美の股間を触れば、その変化を知ることができる。





「気持ちいいです・・・」


絵美は、しばらく間をおいて、そう答えた。

素直な返答だ。





「そうだな」


「麻縄で縛られたら気持ちいいな。」

絵美の答えを今度は僕が確かめるかのようにして、繰り返した。



「ほら、もう一本の縄をかけるぞ」



「今度は股間縄だ」

僕はもう一本の麻縄をカバンから取出し、絵美の前に立って、その細いウエストの麻縄を巻きつけて、へそのあたりで結んだ。


その結び目から伸びている麻縄を、次は陰毛の中をかき分けて股間の真ん中を通していく。


その陰毛の中をかき分けて麻縄を通す時、僕の指にはヌルッとした感触があった。


小さなラビアを開いて、その間に麻縄を通していく。



「うっ・・・・」


微かな声が漏れた。



ラビアを僕の指に触られた時、絵美は少し腰を引いて、声を漏らしたのだ。


「・・・・・・・・・・」

ラビアの間に麻縄を通され、腰で止められると、もう体の体をほんの少し動かしただけでも、その麻縄の動きが敏感にラビアの間に伝わっていくのだ。


腰で止めたがまだ縄は余っている。


それをもう一度、体の前に回して胸の真ん中を通して肩を周り、また背中に下ろして腰の縄に縛り付けた。


この縛り方は、体を少しでも屈めたりすると、股間縄がオマンコに食い込んでいくことになるのだ。

屈むことを出来なくする縛り方だ。