M女の隠れ家

<奴隷 絵美> その11

幼さの残る股間の中で、その縄は一番敏感なところをザラザラとした感触とともに、いやらしく刺激を与え続ける。



こんな股間縄の刺激を初めて経験した絵美は、そのおぞましさに泣き声を漏らしながらも、僕の命令に逆らうこともできず、この廊下を自分の足で歩いていく。




自分で自分の股間をいじめているようなものだ。




「う・・・・」



ちょっとした身体の動きにも、股間縄は絵美のラビアの間の一番敏感なところをいじめる。





ツンと前に尖がっている乳首が、さらにいやらしさを表している。



黒い靴下だけを残して、あとは何も着ていない。



黒い靴下とは対照的な白い肌を僕の目の前にさらしながら、ゆっくりゆっくりと僕の前を歩く。



「あぁ・・・・・」



身体がふらついた。


その瞬間、絵美が声を漏らした。





必死に股間に動きが伝わらないようにして歩いていたのに、ほんの少しからだのバランスが崩れて、その幼い身体が横に揺れた。



その時、股間縄はその動きを見逃さずに、絵美の敏感なところを的確にいじめた。



「や・・・だぁ・・・・」




絵美の髪が揺れている。






「あぁぁ・・・・、もう・・・・・・・」




絵美が、僕のほうをほんの少し目を向けた。





「どうした?」






「・・・もう・・・だめ・・・・・・・」




あと、ベッドまで数メートルのところまで来て、絵美は、動けなくなってしまった。









「ほら、もう少しだぞ」





僕の声にも、反応できないかのようだ。




「そこに、そのままずっと立っているつもりか?」





「いや・・・・」



絵美は小さく声を漏らす。



だが、それでも、もう絵美は足を動かすことができないかのようだ。






丸くカーブしている廊下の真ん中あたりで、絵美は両足を揃えて、とうとう立ちすくんでしまった。




両足をぴたりと閉じて、うつむいたまま、動かない。



つま先が揃い、まるで動きを止めたゼンマイ仕掛けのおもちゃのようだ。


もう限界か。


僕はソファから立ち上がり、絵美に声をかける。


「もう歩けないか?」



「ご主人・・・さま・・・・・」


絵美が垂れる髪の中から、僕のほうに目を向けた。