M女の隠れ家

<奴隷 絵美> その15
絵美のオマンコの中に埋め込まれたローターは、中で激しく暴れまわっている。
その刺激と、クリトリスにぴったりと貼り付いているローターの振動に、絵美は狂い泣いていた。

「いやぁ・・・、あああっ・・・、ああっ・・・・」

両足を開いた上体で縄に縛られているため、閉じることも逃れることもできない。
恥ずかしいところを丸見えにして、絵美は腰をガクンガクンと振りながら、悶えている。

とてもいやらしい姿だ。
絵美の乳首がツンと尖がって、上を向いている。
僕はベッドの絵美の横に行き、その尖がっている乳首を指で摘んだ。
「いゃあぁぁ・・・、あっ・・・ああぁっ」

「だめぇ・・、だめぇ・・・、ごしゅじん・・・さまぁ」

僕の指の中で絵美の乳首がコロコロとねじられている。
固くなった小さなつぼみのような乳首を指で摘むと、絵美はこれまでとはまるで違った反応を示した。

おっぱい全体を僕は手の平で覆って、強く握りつぶすように揉んだ。
「あぁぁ、ご主人さまぁぁ、気持ちいい」

縄で縛られたままのおっぱいを、僕は手で揉んだり、乳首を摘んで指で転がしたりする。

その度に、絵美は声を上げて、いい反応を見せる。

  
クリトリスに貼り付いているローターの位置を、僕はほんの少し動かした。
「きやっ・・、いやぁぁぁ・・・ああぁぁ・・・」

「だめぇ・・、そこはだめぇ」
ローターの振動が当たる位置がほんの少し変わっただけで、絵美の反応は大きく違う。
いい声だ。

「ほうら、ここが気持ちいいなあ」
「クリトリスのここにローターを当てられると、すごく感じるだろう?」

「・・・あぁぁ・・・、き・・気持ち・・・いいで・・すぅ」

「じゃあ、ここはどうだ?」
そういって、僕はローターが埋め込まれている絵美のオマンコの中に中指を入れた。
「あっ・・・ああぁ・・・・」
オマンコの中で僕は指を動かした。

「あぁぁ・・、ご主人さまぁ・・・、すごい、すごい・・・・」
僕の指の動きに合わせて、絵美の腰がガクガクと反応している。

絵美の体は、僕の縄と2個のローターと僕の指で、もうトロトロに溶けてしまっているかのようだ。


僕は絵美の中に入れたくなってきた。

「絵美。ここにご主人様が入るぞ」

「あぁ・・・、入れて・・ください・・・、ご主人さまぁ」
絵美は僕を求めた。

足の縄を解き、クリトリスに貼り付いていたローターを外した。
オマンコの中のローターは入れたままで、僕は絵美の中に僕の固いペニスを挿入した。

「あぁぁ・・・き・・もちいいぃ・・・。」
数回、前後にピストン運動をしてから、絵美の奥まで僕はペニスをグッと刺し込んだ。
ペニスの先端に、ローターのピーンという振動が伝わってくる。

「あっ・・あっ・・・、あああっ」
僕が腰を前後に動かすと、それに合わせて絵美も声を漏らす。
高くて可愛い声だ。

ここから先の写真はもうない。
この日、絵美は僕の腕の中で3回の絶頂を迎えた。

絵美の縄を解いてから、ベッドの中で抱き合い、絵美の可愛い唇に何度もキスをする。
絵美は僕の唇に吸い付くように自分の唇を密着させ、舌を僕の中に入れてきた。

そんな時間をベッドの中で過ごし、僕は絵美を愛した。

ホテルの中の時間は、あっという間に過ぎていく。
もうそろそろ帰りの時間だ。

シャワーを浴びた後、ホテルから一緒に車に乗って、絵美を待ち合わせた場所まで送って行った。
また会うことを約束して、絵美は寂しそうな笑顔で、車から降りていった。