M女の隠れ家

<奴隷 絵美> その19
  
絵美は僕の指の魔力に、少しずつその固い足の力を奪われていった。

段々の体の力が抜けていく。


「いゃぁぁぁ」

「足を開きなさい、絵美」

「ほら」

少しだけ足が開いてきた。

「ほうら、もっとだ」

そういいながら、絵美のわき腹を指でそっとなぞっていく。


「あぁぁ・・・・」

「見せるんだ」

「絵美の恥ずかしいところを、僕に見せなさい」

とうとう絵美は僕の指の魔力にひれ伏した。

固く貝のように閉じていた両足を、絵美は広げてしまった。


下から覗くようにしてカメラを構えると、絵美のオマンコから透明な液が流れ出ているのが見えた。


「何だ、これは?」


僕は指でその透明なとろりとした液体を、人差し指ですくい上げた。

指の先から細く長い糸を引いて、絵美のオマンコにつながっている。


すーっと伸びて、なかなか切れない。

「こんなに伸びているぞ」

絵美のオマンコから愛液が糸を引いて、僕の指先にまで伸びている。


「どうしてこんなに濡れているのかな」


「中はどうなっている?」


僕はわざと恥ずかしい言葉を絵美に投げかけながら、そのぷっくりと膨らんだオマンコの両側を指でなぞっていった。


「あっ・・・」

小さなラビアの間に指を入れた瞬間、絵美は僕の手とともに両足をまた閉めた。

今度はギュッと力いっぱいに閉じているため、僕の指が痛い。

「絵美、足を開いて」

僕の急に厳しくなった声に驚いて、絵美はようやく両足の力を抜いた。




「そんなことではお仕置きだな、さあ、こっちだ」

ベッドの上に横たわっている絵美の縄を解いて、僕は絵美のブラジャーも外して全裸にした。

絵美をベッドから立たせて、黒いショーツと赤い首輪だけの姿のまま、麻縄でまた縛り上げた。

「こっちだ」

ホテルの部屋の壁際にあるソファに、絵美を座らせた。

両足に麻縄を巻きつけて、そのままイスの背に回し、グイッとその麻縄を絞っていく。

絵美の両足が、今度は麻縄の力で両側に広げられて、絵美の恥ずかしいところは丸見えになった。

「だめぇ・・・、み・・見ないで・・・」

「ごしゅじん・・さまぁ、見ないで・・・」

丸出しになったオマンコを、もう隠すこともできない。