M女の隠れ家                                           <奴隷 幸子> その13  



幸子の後ろに回って、そのもがいている手の平を僕は握り締めた。
幸子の手が僕の手をしっかりと掴んでいる。

柔らかい手の平が、僕の指にしがみついているようだ。
僕は幸子のうなじにキスをした。

「いやぁ」





麻縄で縛り上げられて動けない不自由な体で、僕のキスを受けた幸子は、可愛い声で泣いた。
抵抗できないことが、さらその快楽を引き出していくのだろうか。

うなじに受けた僕からのキスは、幸子の体の中にゾクゾクとするような感情を湧きあがらせている。
「あぁ」
うなだれて力が抜けていくようだ。

幸子の体が、段々と前かがみになって、床に倒れそうになってくる。
幸子のその白い肌が僕を惹き付ける。

「幸子、きれいだよ、すべすべの肌だね」
僕手が幸子の太ももに伸び、その白い肉を僕は撫ぜた。

「…」
幸子は声にならない。

抵抗することもできない。
僕の手がその素肌を触るのを、ただ黙って受け続けなければならなかった。

「う…う…ん」
幸子は僕のほうに肩をひねって、少し甘えるように声を漏らした。

可愛い声だ。
さあ、もっと感じさせてあげようか。