M女の隠れ家                                           <奴隷 幸子> その14  

「いやぁ」
僕が幸子の白い肌を撫ぜ、グッと力を入れて握ったりすると、僕の手の動きに反応するかのように幸子は声を上げた。
「ああぁ」

「ほら、ここはどうだ?」
僕が股間縄の通っているところに手を伸ばすと、幸子は抵抗を示した。

「だめぇ」
僕の手がその股間のショーツの上から敏感な部分を触っていく。

「あぅ」
柔らかな感触が僕の指に伝わってくる。



僕の中指が幸子の股間の肉の間に沈みこんで行く。
幸子は床に倒れこむこともできず、かと言って立ち上がることもできず、床に座らされた時のままの格好で、僕の手の愛撫を受け続けている。

何の抵抗もすることもできずに…。
下に垂れた黒い髪が、揺れている。

垂れた髪に隠れて、幸子のその表情が見えない。
快楽に包まれて、溺れる寸前のその表情が見えない。



僕は幸子の細くて小さなあごを指で持ち上げ、その小さな唇を吸った。
意外にも幸子は僕のキスを素直に受け入れ、さらに僕の唇を吸い返してきた。

僕の下唇が幸子から引っ張られている。
体は麻縄で縛られて動けないが、その唇はその分を補うかのように奔放な動きを示した。