M女の隠れ家                                           <奴隷 幸子> その17  

オマンコの中に埋め込まれたローターの刺激に、幸子は狂わされていく。
「いやぁ、ああぁ、だめぇ…」

幸子は頭を左右に振りながら、声を上げた。
「いゃあ、いゃぁぁ」
だがローターは幸子の体の中で、小刻みに振動し続ける。



黒い首輪を付けただけの全裸にされてM字開脚で縛り上げられている幸子の白い肌が、、ローターの刺激のせいか少し赤みを帯びてきた。
幸子のお腹が大きくへこんだり膨らんだりして、荒い呼吸を表している。

「ああぁ、はぁ、はっ…はっ」
幸子は荒い呼吸の合間に、泣き声を上げた。

可愛い声だ。
もっと聞きたい。
僕はそう思った。

「そら、ダイヤルをもっと回すぞ」
僕は手の中にあるローターのダイヤルをグリッと回した。
「きゃぁ」
幸子の顎が上がり、M字開脚にされている両足を閉じようとバタバタと動かした。

だが麻縄でしっかりと縛り上げられた両足は、いくら力を入れても閉じることができない。
幸子はベッドの柔らかい布団の上で悶え狂っていく。

「はっ、はっ…」
と大きく呼吸しながら、その体が布団の上でもがいている。



「ご主人…さまぁ」
幸子が僕を求めていた。

ローターの狂うほどの刺激を受けて、その荒い息の中から幸子は僕を求めている。
僕は一旦ローターのスイッチを切り、縄を解いていった。

幸子の体に巻きついていた麻縄が解かれ、体に自由が戻ってきた時、幸子は
「ああぁ」
と言って、僕の首にその腕を絡ませてきた。

そのまま僕の唇を何度も強く吸って、僕にしがみついてきた。
幸子の体の中で暴れまわっていたローターが、幸子の欲望の火をあおり燃え上がらせたのだ。

僕は背中に回された幸子の手から逃れて、ベッドから立ち上がり、持ってきたカバンの中からバイブを取り出した。
「さあ、次はこれだ。幸子はこれは初めてだな」

幸子は本当は僕を求めている。
それを知っていながら、僕は幸子にバイブを与えた。



小型のバイブだが、それでも幸子の小さなオマンコに入れる時は、固く感じた。
ローターの刺激で十分に濡れていたオマンコに僕はゆっくりとバイブを挿入した。

「は…」
小さな声が漏れた。

僕は幸子にそのバイブを自分の手で持つように命令した。
「そうだ、そうやって自分でバイブを持っていなさい」

そう言って、僕はバイブのスイッチを入れた。
グウン、グウンという響きが聞こえた。

「きやぁ」
幸子は両膝を固く閉じて、枕にしがみついた。

「だめだ、足はちゃんと開いて!」
僕の厳しい口調に、幸子は逆らえず、辛うじて足を開いた。
「はっ、はっ、は」
息を荒くしながら枕を握り締めている幸子が、とても可愛い。