M女の隠れ家                                           <奴隷 紀子> その12  

床に倒れている紀子の体の上に、鎖をジャラジャラと垂らしていくと、
「ううぅ…」
と、紀子は鎖の感触にうめき声を漏らす。

「うっ、うっ…」
紀子の声は、オマンコの中に埋め込まれているローターや乳首ローターに反応しているだけではなさそうだった。

時々、体をビクン、ビクンと震えるようにローターに反応させながら、紀子は恥ずかしいオマンコから白い液をお尻に垂らしてしている。
「なんだ、こんなにオマンコを濡らしているのか?」

吊り上げられた右足で開いた股間の割れ目の奥に、ローターのコードが入っている。
そしてそこから白い液が垂れて、アルファ・インの赤い床にまで届いていた。





「うぅぅ…、ご主人さまぁ」
紀子は目隠しをされて見えない状態で、僕を求めている。

「よぅし、よく頑張ったね。さぁ、縄を解くよ」
僕は紀子の体を締め上げていた縄をパラリと解いて、そのフラフラになっている体を支えながらベッドに連れて行った。

ベッドの中で紀子は僕にしがみつき、僕の唇を強く吸ってくる。
その白くて柔らかな体の感触を僕はたっぷりと味わった。

「また会ってください」
駅での別れ際に小さな声で言った紀子の言葉が、とてもいじらしかった。