M女の隠れ家                                           <奴隷 絵里香> その6  

絵里香は鎖のリードをつけられた格好で、床に四つんばいになっていた。
ピンクのショーツから見える白くて丸いお尻を、僕は撫ぜ回したい。

とうとう、その衝動に僕は耐えられなくなった。
手を伸ばしてそのお尻を触った。





「いやぁ」
僕からお尻を触られ、絵里香は声を上げた。
体を床に固く丸めながら、僕の手がそのお尻を撫ぜ回しているのに反応している。

すべすべのお尻だ。
とても触り心地がいい肌をしている。

「ああぁぁ」
僕の手の動きに反応して、声を漏らしている。



                      

<アダルトグッズを買うならココ>