M女の隠れ家                                           <奴隷 絵里香> その19  

僕は倒れ掛かる絵里香の体を支え、ゆっくりと床に座らせた。

絵里香はとうとう床に崩れ落ちた。
僕の縄で縛られ、もうその体はふらふらになっていたのだ。

全身から力が抜けてしまい、立っていることはおろか、座っていることさえできないほどになってしまっている。
床に座らされても、体が前に倒れていく。





裸にされて肌の上を直に麻縄で縛られた感触に、絵里香の体はっきりと反応している。
縄の気持ちよさがその体の芯をとろけさせているようだった。

しばらくの間、床に頭を付けて崩れていたが、僕はその体をゆっくりと抱きかかえて起こした。
「ほら、どうした、気持ちいいのか?」

「はあぁぁ」
まるでため息のような深い声が漏れた。

「ふぅ…」
絵里香は麻縄の気持ちよさの中で、頭をまっすぐに支えることもできず、甘い声を漏らしている。



「うう…ぅぅぅぅ」
今にも崩れ落ちそうに、床に座っていても上半身がぐらぐらと揺れている。

麻縄に縛られて、こんなに体の力が抜けてしまう女の子も珍しい。
まともに床に座っていることすら危ういのだ。

絵里香の白くて柔らかな肌に、僕の麻縄が巻き付き食い込んでいる。
女性の柔らかい肌に食い込んだ麻縄は、とても暴虐的だ。

おっぱいを上下に挟み込んでいる麻縄で、その形がいやらしく歪んでいる。
絵里香の白い肌が、少しピンク色に変化してきたようだ。




                      


        
DUGA - ザ・鞄カメパンチラパラダイス02