M女の隠れ家

<奴隷 絵里香> その45
  

股間縄をしっかりと縛り、割れ目に麻縄を食い込ませた。



「・・・あぁ・・・・」


切なそうな声が漏れてくる。


僕は赤い首に鎖のリードを取り付け、その先をクローゼットの棚にくくりつけた。


鎖が付けられてしまっては、もう屈むこともできない。



股間縄の刺激が、もじもじとしていた膝の動きを止めた。



絵里香は、もう膝を動かすこともできない。





「ほら、いい格好になった」


「次はそのままショーツを下げてみようか」



僕はわざと声に出して、絵里香に僕の次の行動を伝えた。




「いゃ・・・」



僕の行動を知ることで、さらに絵里香の心か揺れる。



そんな時のM女の仕草を見るのが、僕は大好きだ。


もう首輪のリードが付いていて、逃げることもできないのに、顔をそむけるようにして逃れようとしているかのようだ。


股間縄が食い込んでいるままで、僕は絵里香のショーツをグイッと引き下げた。



「ああっ・・」


絵里香は、小さく悲鳴に似た声を上げた。




引き下げられたショーツからは、黒い陰毛が覗いている。




「ようし、いい格好になった」


「絵里香のお尻も見たいな」



「そのままの位置で、後ろを向きなさい」



僕は絵里香の白くて丸いお尻を見たいのだ。




しかも股間縄が食い込んでいるところを。





セーラー服姿の女の子が、麻縄で縛り上げられ、赤い首輪と鎖のリードを付けられた格好で、股間縄を通されてスカートをめくり上げられている。



そんな姿を眺めながら、僕はそのお尻も見たいと思ったのだ。





「・・・はい・・・、ご主人様・・」



絵里香は僕の命令に、従順に従った。



その場でゆっくりと後ろ向きになった。




白いお尻が丸見えだ。



麻縄で縛り上げられている両手も、しっかりと動けない位置にいる。




「そのままお尻をこっちに突き出しなさい」



「・・・はい、ご主人様・・」


もう僕の命令に逆らうこともなく、僕から言われるままに素直に絵里香は僕のほうに向かってその
白いお尻を突き出した。




丸くて白くお尻に股間縄が食い込んでいる。


そんないやらしい姿のまま、僕のほうにお尻が突き出された。


いい眺めだ。



お尻を突き出すという動きで、股間縄がさらに食い込んでいるのが分かる。


さあ、お楽しみはこれからだ。