M女の隠れ家                             <はじめから2001年末までの日記>


はじめから2001年末までの日記

2001年11月11日(日
今日からこのサイトを立ち上げ。
11月11日は立ち上げ記念日です。
1並びですから、憶えやすい日ですね。

今のところは他のご主人様サイトを参考にして作ってるけど、徐々に自分の色を出していくつもりです。
コンテンツも初めだから、少ないけど少しずつ増やしていくつもり。
Sの男性でも人それぞれの思いや趣向があるものだけど、僕には僕の思いがあります。

それが表現できればと思います。
M女性への思い、調教の趣向、S男性としての考え方や普段の生活や仕事などについて、日記風に書いていきます。
これを「Blue日記」と名づけます。



今は2人のM女を定期的に会って調教していますが、どちらも僕が初めてのご主人様であり、SMもバイブすらもこれまでにまったく経験がないと言っていました。
そういう女性たちだから、SMには新鮮な驚きと感動があったに違いありません。
そういう初心者だからこそM女の気持ちを大切にして、SMの素晴らしさを経験させてあげたいと思います。

幸いにして、2人とも僕の調教に満足してくれているし、いつも僕に会いたいとねだってきます。
今のところそれぞれに2〜3週間に一度のペースで会って調教しています。
まだまだこれからの調教しだいでどんどん変わっていくんでしょうが、真っ白な女性を自分の手で調教してそのM性を引き出していくのはS男性の大きな楽しみです。

11月18日(日)
今日は、これから一人の奴隷を調教です。
現在、2人を調教しているが、まだ僕には余裕があります。
5〜6人くらいまでなら、奴隷として調教することが可能です。
だから当分は調教希望者を募集し続けるつもりです。

今日の調教は、またデジカメを持って写真を撮ろうと思っています。
今日は主に縄での縛りの写真に重点を置いてみようか。
今月に入ってから「早くご主人様に会いたい。」「会いたい。」と言っていた奴隷です。
会った時のうれしそうな顔が目に浮かびます。

11月25日(日)
いい天気です。
いつもならSMについて書くんですが、こんなに天気がいいとSMはちょっと場違いな感じがします。
今年初めてのおでんを作っているんです。
僕の大好物。
煮えて味がしみたところで、ゆっくりと食べたい・・・。

12月6日
師走になると仕事も忙しくなってきて、愛奴と会っている時間が取れなくなってきています。
また、仕事のことで頭がいっぱいで、そういう気が起きないということもあります。
ビジネスマンとはビジーな人という意味ですが、人間らしさが失われていくような気がします。
もっとゆっくりとできないものかと考えてしまいます。

このホームページを立ち上げてからしばらく経ちますが、予想していたよりも反応がないので、ちょっと肩透かしを食ったような感じです。
もっと誹謗・中傷が来るものと思っていました。
ウィルス付きのメールも案外と少ない。

まあ、あまり目立つサイトでもないから、アクセスする人も少ないのでしょう。
アクセスカウンターを付けていないから、どれだけの人がアクセスしているのか分かりませんが・・・。

12月13日
時々、他のサイトを見に行きますが、その出来栄えの良さには脱帽してしまいます。
僕のこのサイトはあまりにも稚拙なところが多すぎて、恥かしいかぎりです。
しかしまあ、その分、これから発展するサイトだと思って気長にみてもらえればうれしい。

一応、このサイトはSMをテーマにしているので、そういうSMサイトを見に行くのですが、Sの人にもいろいろいると感じます。
normalとabnormalという分け方やSとMという2種類の人間というだけではなく、、当然Sの中にもそれぞれのSの人がいて、Mの中にもいろんなMの人がいます。
要はお互いの相性が大切だということかもしれませんね。

12月14日
最近、仕事が忙しくて愛奴たちと会っていない。
仕事に忙殺されていると、会いたいという気持ちも薄らいでくる。愛奴たちには申し訳ないという思いでいっぱいです。
せめて電話やメールには、こまめに返事をして連絡をとってあげたいと思っています。

    

12月18日
今日、久しぶりに愛奴と会うことになりました。
約3週間ぶりに会う愛奴です。
いつもなら、会う前にどんな調教をしようかと考えを巡らすのですが、さすがに年末で忙しいせいもあり、あまりそういうことは考えていませんでした。
その場のムードで流れに任せてプレイしようと思っています。
でも、大体そういうプレイをした時は、プレイは少なくて普通のセックスの方に行ってしまうことが多いのですが・・・。

12月19日
昨日のプレイを振り返ってみると、浣腸した後にアナルバイブ、普通のバイブ、放尿プレイ、オナニーショーをさせたくらいで、あとは普通のセックスになってしまいました。
縛りや蝋燭、ムチ、クリップ、露出などのプレイはしませんでした。
僕にもエネルギーが必要なプレイはできなかったというべきか・・・。

露出は寒いから、最初から考えていませんでした。
クリスマスが近いからホテルの部屋で、前もって買ってきたシャンパンを開けて飲んだんですが、これがなかなかおいしかった。
彼女は十分満足していたから、まあよしとしましょう。
写真も少しだけ撮れたし。
時間ができたら調教写真館にアップしようと思います。

12月22日
今、コーヒーカップをパソコンの横に置いて、この日記を書いています。
何のために?
ただ、自分の思いを文章にしてるだけです。
誰が読むわけでもない日記を書いています。

インターネットというものが普及し、以前なら日記など自分ひとりのものだったのに、今はこのようにホームページに載せることで、世界の誰かがこの日記を読んでいるかもしれない。
おもしろいものです。
もともと、僕は日記など書く習慣を持っていませんでした。
そんな非生産的なことに頭脳と時間を使うことが嫌いだったんです。
それが今、こんなものを書いている。
本当におもしろいものです。

さて、このホームページのテーマであるSMについても、少し触れておきましょうか。
僕がSMに目覚めたのは、高校3年の頃でした。
ごく普通の男の子として、当然のごとくHな本を時々本屋さんで立ち読みしたり、こっそりと買っては楽しんでいましたが、そのうちに段々女性の裸だけではなく、縛られたりいじめられたりしているような写真や描写のある本に傾いていったのです。



それは自分で意識したのではなく、自然にそういう本に興味を持つようになっていったという方が正しいと思います。
大学1年の秋頃には、SM雑誌ばかりを買うようになっていました。
だから「目覚め」とはいうものの、ある時にパッと目覚めたのではなく、時間をかけてゆっくりと自然に目覚めていったと言うべきでしょうか。

Mの女性の場合も、いろんな目覚め方があると思いますが、現在のようにインターネットが普及していると、若い男と同じようにいろんなアダルト系の情報に簡単に接することができるのだから、ひょっとすれば僕のように気が付いたらいつの間にかSM系のサイトばかりを見ていたということになる人もいるのではないでしょぅか?
このホームページを見てくれている人の中にも、そんな風にしてSMサイトを巡り歩いている人がいるかもしれないと思うと、ちょっとおもしろい。

12月25日
今日はクリスマス。
でも実は昨日から風邪をひいていて熱があって寝込んでいます。
最低のクリスマスイブでした。

綾乃と会う日が近いのに、風邪が治らなかったらどうしよう。
約1カ月ぶりに綾乃と会うのに・・・。
彼女と出会ってから約半年が過ぎようとしています。

この間、10回ほど会ってSMをしていますが、段々とM性が花開いてきていると感じるようになりました。
まだまだこれからの子だけど、僕の調教しだいではさらにいいマゾ女になっていくことだろう。
マゾの原石として、とてもいい素材だと思います。

僕と出会ってSMをしてから、はじめてイクという感覚を知ったと言っていました。
最初の頃は、SMをするのに罪悪感のようなものがあったらしいのですが、今ではもうSMからも僕からも離れられなくなってしまっているようです。
SMの魅力に、はまってしまった女といえるでしょうか。

それはそうと、はやく風邪が治らないと・・・。