M女の隠れ家                                            <2002年12月の日記>


2002年12月の日記

12月15日
もうすぐクリスマスですね。
街にはクリスマスの飾りがいっぱいです。
色とりどりの電球で飾られた木々が、ビルだらけの街をとても美しく見せてくれています。
僕は、このクリスマス前の季節がとても好きです。



さて、先日、テレビのニュースを見ていましたら、家庭で使う電飾が原因の火事が全国で多発していると言っていました。
最近は一戸建ての家で、クリスマスのシーズンになると家や木々を電飾で飾り立てるのが流行っています。
僕の住んでいる町でも、そういう家がいっぱいあり、それはそれでとてもきれいなんですけど、火事は危ないですね。
ニュースで言っていたのは、家庭用の電飾は主に屋内で使うことを想定して防水が不十分なものが多いのに、それを屋外で使ってしまうと雨などで濡れたら漏電し、火災になるということでした。

きれいなのはいいけど、やっぱりちゃんとした知識を持って、しっかりとしたものを選ばないと危険だということですね。

これはクリスマスの電飾に限らず、SMにも言えることです。
SMも、ただ楽しければいいというものでもありません。
ちゃんとした知識と経験を持った、しっかりとしたS男性を選んでくださいね。
SMは、それ自体が危険性を持っているものです。
SMの最中のケガや、性病・妊娠の防止、そして犯罪に巻き込まれないようにしなければなりません。

何度も言っていることですけど、しっかりとしたS男性を選ぶことが大切です。
そういう人が見つかるまでの間、僕が仮のご主人様になってあげることもできますけどね。
ご希望の方は、メールにて。


12月22日
今日は、首輪についてちょっとお話しましょうか・・・。
僕の奴隷達は、みんな首輪が大好きです。
首輪は、それ自体は肉体的に何ら快感を与えるものではありませんし、刺激するものでもありません。
バイブやローターなどは強い快感を与えますし、縄は拘束感と肌に食い込む刺激があり、鞭や蝋燭はもちろん肌に強い刺激があります。

でも、首輪は肉体的にはほとんど刺激を与えません。
でも奴隷たちは、首輪を付けられることを望みます。
たまに縄で縛ることから調教に入ったりして、首輪を付けるのを忘れたりすると、途中で「ご主人様。首輪を付けてください。」といってせがんできます。

首輪は精神的な満足感をもたらしてくれるものなんです。
ある奴隷は、「首輪を付けられていると、ご主人様のものになっていることを実感できるからうれしい。」と言います。
首輪付けてもらうことで支配されているということを、感じることができるんですね。

僕は、奴隷に首輪を付ける時は、必ず僕の足元で四つんばいになるように命令します。
そうして首輪を付けてあげると、奴隷はとてもうれしそうな顔をします。
僕は四つんばいになって首輪を付けられてうれしそうな顔をしている奴隷の髪をなでたり、耳や首筋を愛撫したりします。
首輪に鎖のリードを付けて、部屋の中を四つんばいのままリードを引いて歩かせたりします。



そんな行為は、それ自体が快感や刺激につながるものではありませんけど、奴隷にとってはとても精神的な満足につながるものなんですね。
僕の奴隷となっていることを実感し、満足するのです。
SMの真髄とも言えるのではないでしょうか。

だからと言っては何ですが、僕の調教写真に映っている奴隷は、ほとんど首輪を付けています。
服を着たままでただ立っている写真でも、首輪が付けられているものは、とてもSM的です。
一方で、拘束具をまとって自由を奪われている写真でも、首輪が付いていないと何だか肉体的な部分だけで心が入っていないように感じたりします。

SMにとっては支配され服従することに喜びを感じることが、とても重要だと僕は感じています。
その象徴的なものが首輪なんです。
縄で縛られている女性も素敵ですけど、僕は、首輪だけの女性もとても刺激的で想像をかきたてられるんです。

Mの心を持っている女性に、僕はとても惹かれます。
首輪を付けられることを喜ぶM性は、僕のS性にとても波長が合うんです。

だから僕は首輪をとても大切にします。
僕が使っている首輪は、アダルトショップ等で売っているようなタイプではなく、ペットショップで売っている中型犬用の首輪なんです。
価格もリーズナブルですし、何と言っても実用面でしっかりしています。
その首輪を少し緩めに付けるんです。
首輪を付けられる前と付けられた後とでは、奴隷の表情が違いますね。
本当にうれしそうな満足した表情になります。
反対に首輪を付け忘れた時は、奴隷の仕草に何だかぎこちないような感じがあります。

一本の首輪が僕と奴隷をつなぐ大きな役割を果たしているんです。
だから僕はとても首輪を大切にしていますし、首輪は何本も持っています。
首輪も使い始めの頃は皮が固いんですけど、使っているうちにだんだんと馴染んできて柔らかくなります。
そんな柔らかくなった首輪は、僕の宝物です。




                                      

  <アダルトグッズを買うならココ>