M女の隠れ家                                            <2002年2月の日記>


2002年2月の日記

2月7日
最近、2人の愛奴たちとSMをして2人ともを激しくイカすことができました。
「もう、どうしようもないほど感じてしまった。」とか「何度イッたのか分からない。」「ずっとイキっぱなしで、のぼりつめたままの状態で降りられなかった。」とか、それぞれ表現は違うけど、いずれも満足したといっていました。

愛奴が満足するのを見るのが僕は大好きです。
もう、そのために生きていると言っても過言ではないかもしれません。

愛奴たちが激しくイクための条件としては、その前に十分に興奮させておくことが必要です。
どんな状況なら愛奴が興奮するかはそれぞれの人によって違いますから、その愛奴の興奮する要素を見極めなければなりません。
ただ、興奮させるのも程度があって、あまりに興奮させすぎると呼吸が激しくなりすぎて気持ち悪くなったり、失神寸前になったりすることもあるから注意が必要です。



イカすには、僕はローターやバイブを使いますが、それぞれの愛奴ごとに好みのローターやバイブが違います。
いくつものバイブを試してみましたが、やっぱり明確に違いが出ているし、感じる場所も違います。
愛奴ごとに感じる場所に感じるバイブを使って、興奮する条件を整えて刺激すると、激しくイカすことができます。

また探せば新しい感じる場所、つまり性感帯も発見できます。
その性感帯ごとに感じるバイブも違うことがあるけどね。
まあ、そんな努力を惜しまずに可愛がってあげれば、激しくイカすことができるというものです。
それが僕の楽しみなんだから。

2月19日
「いろいろ検索エンジン」と「自動リンク集」を作ってみました。
これらは、いずれも自分のサイトに他人のサイトへの道案内をしているようなものだという意見もあります。
自分のサイトを見て欲しいのに、他人のサイトへの抜け道を作ってどうするのかと言うご意見です。

他人のホームページのために、なんでそんなことをするのかと問われるかもしれませんが、インターネットでサイトを開いている者の務めとでも言いましょうか。
僕も他の検索エンジンや自動リンクなどに登録していますので、それを道しるべにしてここまでたどり着いてきた方もいると思います。
同じことを他にサイトを開いている人のためにするのが、サイトを持つ者としての務めだと僕は考えています。

まあ、いずれにしてもそんなに固く考えずに、お互いのためになることなら、多少のことには目をつむればいいじゃないのと言いたい。
でも、まだあまり登録してくれる人がいなくて、せっかく作ったのにちょっと寂しい。
これからどんどん登録してくれることを願っています。