M女の隠れ家                                            <2002年4月の日記>


2002年4月の日記

4月14日
ほんとうに久しぶりに調教写真館をアップすることができました。
愛奴たちの写真がいっぱい溜まってしまっていて、なかなか整理してアップしているヒマがなかったんですけど、ようやく今日4ページのアップができました。
ちょっとホッとしています。

なんだか、自分で自分にプレッシャーをかけているみたい・・・。
何でも掲示板に書き込みしてくれるM女の人もできて、調教写真館の更新を楽しみにしてくれているとのメールをもらってしまうと、これはがんばらなきゃという気持ちにさせられます。



今日は、天気も良かったので、近くのサイクリングロードへ自転車でサイクリングに行ってきたんです。
日曜日とあって家族連れで自転車に乗っている人がいっぱいいました。
小さな子供たちが、小さな自転車に乗って親の後をついていくのを見ていると、微笑ましいものがありますね。
すごくかわいい。

うぐいすが鳴いていて、八重桜も咲いていました。
まさに春そのものと言った感じの中を、約20キロほど往復で走ったら、ちょっと疲れちゃった。
途中でお腹が空いたので、コンビニに寄り道してサンドイッチを買って休憩スペースで食べたりしてると、春の風が心地よく感じました。
なかなか健康的です。
また走りたいと思っています。一人で走っていても、十分に楽しめました。

4月28日
今日はゴールデンウィークの2日目です。
何も用事のない日。
これまで気になっていたホームページのメンテナンスをしています。

一部にミスがあり、容量を無駄に喰っていることは分かってはいました、なかなかヒマがなくてそのまま放置していたのを、ようやくメンテナンスできました。
でも、まだ完全じゃない。
また、ヒマができたら、少しずつメンテナンスしていくつもりです。

今日は何も用事のない日で、時間もあるので、少し思いつくままに雑文を書いてみることにします。
先日もこの日記に書きましたが、最近、陽気がいいので運動がてらにサイクリングを楽しんでおります。
僕の住んでいるアパートからほど遠くないところにサイクリングロードがあり、そこをゆっくりとだらだらと走るんです。

こんな春の日には、うぐいすの鳴き声が聞こえ、一緒にサイクリングしている家族連れやランニングをしている人など、けっこうたくさんの人がいます。
ペットボトルのスポーツドリンクを持って、だらだらと3時間ほどサイクリングしていると、すごく爽快。
時々休んで、周りの景色を眺めながらタバコを一服。
う〜ん。気分がいい。
健康的だ。

SMが不健康とまでは言いませんが、こんな明るい健康的な気分にはなれないものです。
SMはそれはそれでいいんだけど、サイクリングもいい。
全然違った楽しみがあります。
でも、そもそもSMとサイクリングを比較すること自体がまったく無意味だとは自分でも分かってはいますが・・・。



さて、今日の雑文はまだ続きます。
先日、ある子を調教しました。
いずれ調教写真館にもアップするつもりですが、すごく若い子です。
綾乃よりも、ずっと若い。

僕がこれまでに調教した中では、一番若い。
綾乃と同じくらいM性が強く、しかも若いから肌が素晴らしく瑞々しくてオマンコもすごくかわいい。
小さくてきれいなピンク色の花びらの中は、触るとつるつるするような濡れ方です。

その子は、僕のこのホームページを見て調教希望のメールをくれたんです。
住んでいるところが遠いのに、わざわざ1人東京まで僕の調教を受けるためだけにやってきたといっていました。
初めて会って、軽く食事をした後、本人の希望もありアルファ・インに連れて行きます。

まだ、セックスの経験は10回ほどしかないというウブな子なんだけど、M性が強く僕の命令にも従順に従います。
まあ、いずれ調教写真館で詳しく調教内容は載せたいと思いますが、綾乃に勝るとも劣らないくらいの素晴らしいMの原石です。

初めて会ってSMをするというのは、僕にとっては相手のことがまだよく分からないので、全神経を集中して相手の反応や表情、声の調子などを見極めているから、すさまじいエネルギーを消費します。
今回は、そのうえに本人の希望もあって写真も撮って欲しいとのことだったので、初めて会った子の調教でさらに写真も撮るという離れ業です。
帰りの電車の中では、疲労の極致といった感じで、もうクタクタのフラフラ状態でした。
こんなに神経を使ったSMも久しぶりです。

でも、それだけの価値はありました。
なんといっても、相手の子をいっぱい満足させてあげることができたのだから。
まず、何をさておいても、相手が満足すること。
そのためには、僕はどんな労力を惜しまない。
また、ぜひ会いたいという思いを抱かせる子です。