M女の隠れ家                                            <2004年2月の日記>


2004年2月の日記

2月1日
今日から2月です。
2004年なってから、もう1か月が過ぎました。
僕のホームページを見てくれている方の中には、M女性もたんさんいらっしゃることだと思います。
でも、あとほんの少しの勇気を出せなくて、ただ僕のホームページを見ているだけという方もいることでしょう。
そうやって悩んでいるうちに、もう1か月が過ぎてしまったんです。

時間はどんどんと過ぎていきます。
そして気が付いたときには、もう手遅れになってしまっていたなんてことになりかねません。
もし本当に望んでいることがあるのなら、勇気を出して手を伸ばしてください。
手を伸ばさなければ、何も手に入らないのですから。

「欲しいものがあれば、まず手を出してみる。」
これが僕の信条です。
黙って待っているのは、僕の性には合いません。
ただそれだけのことです。





2月8日
節分も過ぎて、暦の上ではもう春です。
でもまだまだ寒い日が続きますね。インフルエンザも流行っているみたいです。
最近、会社でもマスクをしている人の数が増えてきました。
マスクの形も進化していて、昔のような布のマスクは少数派で最近は口の部分がとんがっている立体型のものが主流のようです。

さて、最近僕のところに女性からの調教依頼メールが届きました。
それで何通かメールのやりとりをしていたんですけど、今はパッタリとメールが来なくなりました。
これまでにも何度かそういう調教依頼のメールをもらっていますが、単なる興味本位や冷やかし半分ではないかと思われるものがあり、そういうのはちょっと悲しくなります。

メールから始まって実際に調教にまで至るというのは、本当に少ないものです。
真面目に調教を希望される人には、僕も一生懸命に対応してあげたい。
そして調教して本当のSMの素晴らしさを知ってもらいたいと思います。

2月14日
今日は世間ではバレンタインデーです。
今年も愛奴の1人が僕にチョコレートをくれました。
とてもうれしいものです。
今年もたった一個だけのチョコレート。
去年も彼女からの一個だけでしたけど、それだからこそうれしいのです。

僕の会社では義理チョコという風習(?)はありません。
だからこのシーズンも静かなものです。
知り合いの会社では、義理チョコを何個もらえたとか、あの子は今年はくれなかったとかで、毎年この時期は大騒ぎになるといっていました。
会社によっていろいろあるんだなぁと感じます。
多分、デパートなどでは昨日くらいは大変だったんじゃないかと思いますけど、なんだか義理チョコってとても変な感じがします。
根っこの部分はお中元やお歳暮と同じなのかなと思ったりもします。

でもチョコレートコーナーに群がっている女性たちを見ていると、その努力に少し微笑ましさを感じたりします。
本人たちは大変なんだと思いますけど、そのコーナーを横目で見ながら、その健気な努力をしている姿に僕はそっと心の中で拍手を送っているんですよ。
「がんばってね。」って・・・。

今年は14日が土曜日なので、会社の義理チョコは月曜日の16日に贈るのでしょうか。
何とものどかで平和なイベントです。

2月15日
バレンタインデーのことについて上のようなことを書いたら、早速ある女性からメーが届きました。
「会社の義理チョコは16日の月曜日では遅いので、もう13日の金曜日に贈ってしまった。」そうです。
13日の金曜日!?
そんな!!
13日の金曜日にもらったプレゼントって、何となくいやな予感が・・・。
そのチョコレートは食べてもいいのだろうか・・・。

悩むプレゼントだろうなぁ。

2月22日
もう春を感じさせるような暖かな日です。
朝、窓を開けるとうぐいすの鳴き声が聞こえました。

というわけでやっぱり春になるとサイクリングに行きたくなります。
久しぶりなので、今日は軽く流すようにのんびりと近くを走りました。
ある家の庭に桜が咲いていました。
早咲きの桜の木を植えてるんでしょうね。素敵でした。



美しい蝶が生まれ、僕を喜ばせてくれました。
本当に美しいと感じます。
僕の足下で舞う姿はとても素敵です。